【読書メモ】ウォール街のランダム・ウォーカー【投資のバイブル】

どーもーまいまいです。やっと読了しましたのでシェアさせて頂きます。この本は何と言ってもとにかく長いです。長々と色んなことを書いているのですが最も重要なことは一つだけ。

投資運用の中心は低コストで幅広い銘柄に分散投資したインデックスファンドで運用すべき。

これだけ押さえておけば間違いはありません。おわり


ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉

 

 

 

 

これだとちょっとアレなので以下蛇足いきたいと思います。

株式投資をしてみたい

私は現在消費者金融の借金を返済中ですが今年中には完済予定です。

資産状況まとめ

資産はやっとプラスに転じ、借金の返済が終わった暁にはやっと本腰を入れて投資を行っていこうと思っています。ですのでその前に投資の勉強をということで、全世界で読まれている投資のバイブルであるこのウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉――株式投資の不滅の真理を手に取ったわけです。私は今までの投資経験としてはFXしかやって来ていませんでした。何故か結果的に負けたことがなくこれまでやってきました。ですが、はっきり言ってこれは運だと思っています。そしてFXはゼロサムゲームであり、勝てる投資には含まれないと思っています。

ですので、今後はFXは趣味のひとつとしてギャンブル的にたしなんで、株式投資にウェイトを持っていきたいです。

ウォール街のランダムウォーカーから学べること

  • 今までの人類がいかに愚かでバブルに熱狂して来たのか
  • テクニカル的手法がいかに通用しないか
  • ファンダメンタルズ分析はいかに意味がないか
  • 重要なのは資産配分(アセットアロケーション)である
  • 結局未来のことは誰にも分からない

以上のことを経済の歴史とともに学ぶことができます。ちょっと言い回しが古い部分もありますが、中身が濃く投資の基礎を学ぶには良い一冊であると思いました。とにかく長いです。ひとつひとつの章はさくっと読めてそれぞれ独立していますのでちょこちょこと隙間時間や寝る前に読み進めてみてはいかがでしょうか。

 

ではまた。

 

 

最新情報をチェックしよう!