【期間工に朗報!】2019年4月から有給休暇が義務化されます【働き方改革】

どーもーまいまいです。期間工の皆さんは有給休暇を取得できていますか?私は体調不良で有給消化することができました。

インフルエンザにかかったので有給消化できた話

ですが、期間工やフリーター・派遣社員などの非正規労働者って正社員に比べて有給を取得しにくいところが多いですよね。強力な労働組合に守られた正社員がどうしても有給取得等も優先されてしまいますからね。一部の自動車メーカーでは期間工も積極的に有給取得をしているところもあるようですが。ただそれも今までの話、これからは期間工も有給を取得させていかないといけない時代になったようです。

ぶっちゃけ中小企業やサービス業が働き方改革に全て対応していったら倒産してしまうところも出てくるんじゃないのか心配になってくるレベルですね。経営者の方々は是非頑張って労働者を幸せにしてください。きちんとやらないと罰金とられちゃいますよ。

働き方改革をざっくり解説

本題ではないのでざっくりと現在安倍首相が進めている働き方改革を説明していきます。

働き方改革とは、「一億総活躍社会」のスローガンのもとに女性や高齢者の労働参加を促進するために労働環境を改善していこうという取組みです。

その背景にあるのは日本の人口減少や高齢化に伴う労働人口の減少です。2017年に6720万人だった労働人口は2065年には約4割減少の4000万人弱となってしまうと予想されています。

そんな中、国の生産力が落ちていき他国との競争力が落ちないよう労働生産性を高めていくために政府がおこなっていく政策が働き方改革ということです。

「働き方改革」の実現に向けて|厚生労働省

有給取得義務化とは

2019年4月より働き方改革に関連する法律が施行されます。各企業はそれに合わせて対応していることでしょう。

中でも非正規である私にも関係していることといえばやはり年次有給休暇の5日以上の取得が義務化されることとなりました。私が働いている日産九州では今までは正社員の年休取得状況はまとめられ、取得日数が少ない人は上司から調整しながら消化していくという状況でした。ですが、2019年4月からは有給休暇が発生する非正規労働者を含む全社員に有給休暇を取得させる義務が発生します。いままで、気を使ってなかなか言い出せなかった人もこれからは有給取得を取れるようになります。やはり上からの指示からでもないとこういう事は改善されにくいですからね。

多数の期間工や派遣社員に支えられている自動車工場ですが、非正規労働者の有給取得率は今までそこまで高くなかったと思います。どうしても正社員の有給消化が優先されてしまいますからね。ですので法律が施行されると期間工の休暇を積極的に取得していかないと下手したら監督者(工長や係長、課長、社長などの偉い人たち)の方々は罰せられてしまいますので、何とかやりくりして前倒しで消化していくことをおすすめします。期限がありますので頑張ってください。心中お察しします。

日産自動車は近年色々と騒がれていますのできっと期間工の有給はなんとしても実施されることでしょう。ある意味日産自動車で期間工をしていて良かったのかもなんて思っています。

ではまた。

最新情報をチェックしよう!