自動車メーカーの正社員って幸せそうだなって話

  • 2019年1月29日
  • 2019年2月13日
  • 期間工
  • 4View
  • 0件

ども、まいまいです。期間工として半年ちょっと働いてきましたが最近自動車メーカーの正社員ってなんか幸せそうだなぁと感じています。若い方でチャンスがあったら期間工から正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

ライン工の仕事風景です。期間工は主に組み立て工程と言って前半部分の部署に配属されることが多いです。女性は後半の検査工程に配属されることが多いです。検査工程は楽なのでしょうが私は眠くなってしまってしまって不良品を見逃してクビになってしまうと思います。

リストラされにくい?

大手の自動車メーカーは労働組合がとても強く、正社員がリストラされることはほとんどなさそうです。正社員を見ていると安定してるんだろうなぁって感じがぷんぷんします。

不況が訪れた場合、真っ先にクビになるのは私たち期間工や派遣社員です。2008年のリーマンショックの時にはトヨタ自動車では約6000人もの期間工と1800人もの派遣社員が一斉にリストラにあいましたね。ですが正社員はこのときもリストラされていません。多少お高めの給料が期間工には設定されているのはこんな時のためなんでしょうから仕方ないですかね。

福利厚生がしっかりしている

自動者メーカーの正社員はさすがに一流企業であるため福利厚生がしっかりしています。働き方改革のおかげか、サービス残業も減少傾向ですし、残って仕事をしようとしても強制的に帰宅させられていますね。(一部の工長・係長等の偉い人タチを除く)

また、有給休暇もどんどん取得しないと警告が来たりしてほぼ所得率は100%になっているようです。さすがに夜勤や追加残業が多い時期に有給を消化すると多少給料は下がるんでしょうけど。でも有給消化100%は羨ましいですね。期間工にも有給はあるのですがなかなか消化しにくい雰囲気があります。申告すれば消化できるんでしょうけど、どうしても期間工というのは立場が弱いですからね。契約更新してもらえないかもしれないとなかなかガンガン有給を消化しているという話は少ないですね。メーカーによるのかもしれませんが。

私が勤めている日産自動車九州株式会社では期間工の有給消化は少なめですね。ただ、知り合いの期間工は人事に直接電話をして「有給消化させろ!」と騒いだら有給が取れたなんて言ってましたので、この辺は申請すれば通るってことなんでしょうね。

彼の場合は、次回更新をする気が無かったのでこんな荒業を使えたんでしょうけどね。私はまだ今後も継続して働いていたいのでそこまで大胆にはなれそうにありません。期間工の有給消化率も会社的に改善していっていただければありがたいのですがまぁ今後にうっすら期待していきたいと思います。

また、大手自動車メーカーではボーナスや退職金なんかもきちんと出ます!当たり前なんでしょうけど今までの私にはボーナスも退職金ももらえるような働き方をしたことが無かったので、やっぱり羨ましいですね。

仕事ができない正社員にもきちんと居場所がある

体感ですが、7割以上の正社員ははっきり言って仕事ができないように見えます。そんな社員でも役職は有りませんがきちんと居場所があります。ラインに実際に入って期間工と一緒の作業を行っている40歳以上の社員も結構見かけます。分かりますか?期間工として1か月程度で習得できそうな作業を20年以上のベテラン正社員さんがしているんですよ。そりゃ出世コースの人と比べたら給料は低いんでしょうけどそれでも35年ローンで家を買ったり長期休暇中に海外旅行に行ったりできるくらいの給料をもらっているわけなんですよね。これがほんとに羨ましい点ですね。

さすがに50歳とかになってくると検査などの体に負担のかかりにくい作業に異動になるようですが、一生頭を使わず、平社員のままでいても給料はそこそこ良いっていうのが素晴らしいことなんじゃないかと感じます。本人たちは仕事ができると思っているのかも知れませんが。

 

まとめ 期間工でもチャンスがあったら正社員を目指してみよう

もし、何のスキルも持ちたくないけど淡々と働いて給料をそこそこ稼ぎたいなって思ったら期間工から正社員を目指してみてはいかがでしょうか。生え抜きの正社員を押しのけて出世していくのはさすがに壁がありそうですけど。行けて工長(20人くらいの集団のボス)くらいかな?

やっていけないと思ったら辞めたらいいと思います。やりたいことができたとかね。周りを見ていると若い人は結構正社員にならないかと声をかけられているようですよ。トヨタや日産は正社員採用に積極的に見えます。期間工で働くときには正社員登用が積極的かどうかも選ぶポイントに入れてみてはいかがでしょうか。

 

最新情報をチェックしよう!