【一瞬で眠れる】寝坊しない生活を【寝坊対策】

定期的に寝坊してしまうまいまいです。「朝、低血圧で起きれない。」「明日寝坊したらどうしよう。」会社勤めや、学生など早起きに苦手意識がある人は遅刻がとても怖いですよね。

なかなか寝付けないあなたへ

一瞬で眠れる方法を集めてみました。

 

  • アプリ【寝たまんまヨガ】

寝たまんまヨガ 簡単瞑想

寝たまんまヨガ 簡単瞑想

Excite Japan Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

 

  • アプリ【Relax Melodies】

Relax Melodies: 睡眠&ヨガ

Relax Melodies: 睡眠&ヨガ

Ipnos Software Inc.posted withアプリーチ

 

 

  •  科学的に眠れると実証された音楽

 

 

  • アリス式睡眠法

私は今この方法を実践中です。慣れると昼休憩でも即寝れます!

 

簡単に睡眠の効果を上げられるのは、圧迫感が少なくて遮光性の高いアイマスクを使用することです。

寝坊しない仕組みづくり

とは言っても、寝坊してしまう時というのはブログ作成をつい頑張りすぎてしまったり、YouTube動画を見ていたり、ゲームをついついやってしまったり、部屋が寒いので布団から出れずについつい二度寝をするなどのトラブルが原因で引き起こされることが多いと思います。

寝坊しないためには物理的な対策が必要になってくると思います。

対策が万全になっていれば起きれるかな?という不安も減り、より質の高い睡眠をとれます。

アラームはかけ忘れないように一週間分

iPhoneを目覚まし時計代わりに使っている人は多いと思います。

iPhoneのアラームは曜日ごとに設定することが可能です。

アラームは+のところを押すといくつでも増やすことができます。

さらに編集を押せば細かく設定することができます。

編集の中の【繰り返し】を押すとそのアラームを何曜日に繰り返すか設定できます。

これで設定しておけば毎日アラームセットする必要がなくなり、かけ忘れるリスクが減ります。

 

エアコンタイマーによる対策

冬は布団の中と外との温度差が激しく、二度寝の危険性が高まります。

今のエアコンには入タイマーという機能が付いています。

これを起きる30分前くらいに設定しておきます。

布団の中と外気温の差が少なくなると、冬でも布団から抜け出しやすくなります。

出勤時消すのをお忘れなく。

 

 

 

仕事なんて行きたくない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です