【逃げるが勝ち】ブラック企業から逃げ出した話【辞めるなんて言わなくていい】

①とにかく逃げ出してください

今回言いたいことはこれです。

あなたがいなくなっても会社は困りませんし、困るようであるなら会社の運営が失敗しているだけです。

 

ブラック企業だと認識しながら働くことは自分にとって何一ついいことはありません。

 

こころや体やを壊してからでは遅いのです!

 

②前にいたブラック企業のブラックぶり

  • 半年ほど休日なし
  • 残業代なし
  • 暴力は日常茶飯事
  • 平均睡眠時間は3時間程度
  • 会社の損害を弁償させられること複数回

思い出すだけで頭が痛くなってきました…

 

中小の建設会社に勤めていたのですが、朝5:30に集合して現場作業。

帰社後は翌日の準備。会議。写真整理。図面の作成などで24時前に帰れることは稀になっていました。

毎日疲れ果てているので仕事の効率も上がるはずもなく、翌日遅刻することも怖かったので、シャワーだけ浴びてて会社でわずかに仮眠を取るという生活が日常になっていました。

気付くと同僚と漫画日本昔話のED「にんげんっていいな」を歌いながら、軽く泣いていました。

 

いーいーなー いーいーなー

にーんげんっていいなー

みんなでなかよくにぽちゃぽちゃお風呂

あったかいふとんで眠るんだろなー♪

 

半分ジョークで歌っていたのですが、この時「あ、自分人間じゃないんだな今。本当に会社やめよ。」って思いました。

 

③会社はいきなり辞められてもそんなに困らない

会社側にとってあなたが辞められないと思っている理由ははっきり言ってただの思い上がりです。

自分しかできないと思っていることも何だかんだであなたでなくとも別にできます。

小さい会社などでは自分の力を高めるためにあえて自分にしかできないようにしている方もいますが、ぶっちゃけそういうのは無駄な努力ですし、会社にとっても損失なのです。

そんな無駄なことをしているならそれを社内で共有してできる人を一人でも増やす方が会社の力も上がりますし、あなたの力もやれることも増えます。

 

④転職・退職の準備をしよう

  • 転職サイトに登録
  • 可能であれば在職中に面接等転職活動を始めましょう
  • 無職期間や給与が下がることに備えて貯蓄を増やし、固定費を下げましょう。

⑤転職活動する時間がない時はいっそ辞めてしまいましょう

ブラック企業では有給消化や休日がそもそもない場合も多く、転職活動をできない時はまず辞めてしまいましょう。

私の場合は「これはもう無理だ。」と思いアパートを出た足でア〇ムで可能な限りお金を借りて

携帯電話の番号を変更して会社を辞めました。

会社には何も言ってません。完全にバックレです。

とてもほっとしたのを覚えています。

 

こんな状態でも次の仕事も見つかっていますので、ブラックすぎて無理だと思った場合は即辞めてしまっても良いと思います。

1

【馬場俊英】スタートライン(アコースティックバージョン)

⑥現在の状況

その後アパートには1度も帰らず漫画喫茶やホテルで2ヵ月ほど過ごし、働く気力が出てきたので自動車系の期間工で働いています。

期間工はその気になればほぼ誰ともしゃべらずに仕事を終えることもできますので、社会復帰のリハビリには良い仕事だと思います。

残業代もきちっとでますし、正社員もこんなもんでいいんだなぁって思える人でも長年勤めていたりしますので、気に入ったらそのまま正社員を目指すのもありだと思います。

私は今WEBの勉強をしつつ借金の返済をしているところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です